奇会都市

この奇妙な邂逅はどこまでつづく。

文字にすると気づくこと

久しぶりにうつらつら日記を書きます。
もはや何を書いていいのか分からない程度に放置してました。
わたしの日常とは。

最近は家でも仕事場でもパソコンのディスプレイとにらめっこなので、目が爆発しそうなほど疲れる時があります。
そのわりにはプログラム言語の勉強が進んでません。
まとまった時間をとれる時にやろうと思うからいけないんだろうな、とうすうす気づいてはいたのですが、こうして文字にしてみるとそのとおりすぎて乾いた笑いしかありません。

そういえば、化粧水を探す旅はそろそろ終わりそうな気配です。
なかなか肌に合う化粧水が見つからなかったので、取り敢えずそこは喜んで良いかなと思います。

それにしてもここのところの暑さは異常ですよね。
意を決してエアコンをつけっぱなしにしてます。

こんなところでしょうか、わたしの近況。

キリトリセンのこちらがわ

小説が書けるようになりました。
それだけで嬉しいです。

さて。月詠を更新して、「キリトリセンの向こうがわ」までアーカイブしました。
去年の10月。先は長い。
過去の月詠を見ていると、当時の自分が何を考えていたのかわからないと感じます。
なんとなく共感できる部分もあるんですが。

渡り烏など

ざっくり半年以上分の月詠を更新しました。
ついに渡り烏。
自分の知識のなさを露呈している作品ともいう(特にタイトルが)。

サイトは少しずつ使いやすいように直してるんですが、なかなか反映されてなくてちょっと困ってます。
うーむ。

小説書きたいけれども全然書けなくてつらいです。

3ヶ月分

包丁でうっかり切った指が結構痛い希屋の浦です。

さて、Maykoh Works.更新です。
月詠を3ヶ月分、まとめて更新しました。
しかしまだ2017年からは抜け出せないという。

スタイルシートがなかなか反映されないというトラブルに見舞われていますが、大丈夫かうちの鯖さん。
それとも見てる端末が……いや、スマホもだしなぁ……。
むずかしい問題ですね。

ついでに月も変わったので、もしかすると今月分の月詠を考える時期が来たということですね??

ブログももう少し見やすくしたいところです。

知らせは届かない

ぬるい麦茶が好きです。希屋の浦です。

さて、こういう形になりました
結局小説はいったん全部さげました。
書けないな、と半笑いで思う今日この頃。

2017年7月(2年前!)の月詠です。
こんなかたちで更新していこうと思います。
今のところ。