奇会都市

この奇妙な邂逅はどこまでつづく。

キリトリセンのこちらがわ

小説が書けるようになりました。
それだけで嬉しいです。

さて。月詠を更新して、「キリトリセンの向こうがわ」までアーカイブしました。
去年の10月。先は長い。
過去の月詠を見ていると、当時の自分が何を考えていたのかわからないと感じます。
なんとなく共感できる部分もあるんですが。